ここにも小さな命 ~当舎の庭で餌をついばみ蜜を求める目白(メジロ)君。

メジロは、2012年4月以降、鳥獣保護法により愛好家が趣味で新たに飼うことが禁じられています(12年3月までに市町村の登録を得ている場合、1年ごとに登録を更新しながら1世帯1羽まで、輸入したメジロは国の登録を受ければ飼うことができるそうです)。

したがってメジロはペットではないかもしれませんが、古来、鴬(ウグイス)とともに春を告げる鳥として知られ私たちを和ませてくれています。

そういう意味では、私たちにとっては、ワンちゃんやネコちゃんなどのペットと同様にとても親しい存在です。

そういえば、当舎にも少なかざる方に“うさちゃん”やモルモットなどの小動物の葬儀・供養・法要のためにお越しいただいています。

たとえ小さな命であっても感謝と慈しみの気持ちは同じです。

“ありがとう”

PAGE TOP